媛リンクトップページ移転のお知らせ

媛リンクのトップページはhttp://himelink.blog15.fc2.com/からhttp://www.himelin.com/へ移転致しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月13日に行われた坊ちゃんスタジアムでの
松山フェニックス対茨城ゴールデンゴールズの試合を見てきました
球場は役1万人の観客、試合開始30分前くらいに松山フェニックス
が守備練習をしていたときに欽ちゃんが1類側ベンチからマイクを持って登場する
「ほーこのチームが松山フェニックスか、メンバーは何人位いるんですか?」
突然守備練習をしている選手にマイクを向ける、松山フェニックスの選手は
いつもと勝手が違う様子に戸惑いながら答えていました。

試合が始まっても欽ちゃんのマイクパフォーマンスは止まらない
審判のおじさんにさりげなくインタビュー
「暑いのに大変ですねー、ボランティアなんでしょ」
さりげなく社会人野球がいろんな人の協力で成り立っていることをアピールする
「そんな審判のおじさんになんかあげない?」と欽ちゃんがいうと
アナウンスのおにいさんが
「大変そうな審判のおじさんに、ポンジュース さしあげます」
ここで球場全体が笑いに包まれる
どうやらアナウンスのお兄さんは欽ちゃんとコンビを組んでいるみたいだ
きっとどこの球場にいってもこの二人でやり取りをしてるんでしょう
受け答えがプロ級である。

そんな中でも試合は両チーム真剣勝負である
お互いに実力も同程度で、欽ちゃんも今日は絶対勝ちにいくって張り切っていました
試合はシーソーゲームで進む
そんな中、入団以来ヒットを打っていないという極楽トンボの山本さんが
チャンスで二度ほど登場することになる
最初の打席は、お客さんの期待もあって予定通り打席に立つがあえなくアウト
次の打席も今度こそはと欽チャン期待するがやっぱりランナーを返せずアウト
さすがの欽ちゃんも逆転のチャンスの3回目の打席は
代打を送っていました。結局山本さんはこの試合が終わってもいまだノーヒットです。

この試合最大の盛り上がりは突然4回の表松山フェニックスの攻撃にやってきました
アナウンスの声
「松山フェニックス○○に変わりましてピンチヒッター 中村時広」
「茨城ゴールデンゴールズ ピッチャー○○に変わりまして
中村時広の勝手の希望で片岡安裕美」
ここで突然松山市長対ゴールデンゴールズのマドンナの対決になりました。
片岡さんは、熊本商業で野球をしていた18歳のゴールデンゴールズの内野手です。
結果は内野ゴロで中村市長は1塁にヘッドスライディングするが及ばず。

前半戦はいろいろとマイクを持ってしゃべっていた欽ちゃんも
2点差をつけられたまま後半戦に入ってくると、だんだん無口になってきた。
無口になってきたといっても、笑わせるネタが尽きたわけではない
欽ちゃんの本業は監督である、真剣な欽ちゃんがコーチと相談する機会が増えてくる
お客さんも笑いなんか期待していない、笑いなんかいらないのだ
野球が面白くなってきている。
欽チャンは球場で自分の芸を見てもらいたいのではない、野球を見てもらいたいのだ
欽ちゃんを楽しみにやってきたお客さんが、野球の楽しさをしって
帰ってくれれば、選手もそして欽ちゃんもうれしいのでしょう。
片岡安祐美”非公式”ファンサイト

検索キーワード=作者の日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himelink.blog15.fc2.com/tb.php/230-5e0a1016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。